公益財団法人 新潟県スポーツ協会

協会案内

組織概要

会長ごあいさつ

本協会は、社会の動向を踏まえ「体育」の概念を包摂している広義の「スポーツ」という言葉をもって、平成30年度から『公益財団法人新潟県スポーツ協会』に名称変更し、新たなスタートを切りました。
現在、新型コロナウイルス感染症の影響により、スポーツを通じて新潟県の発展に寄与するために計画していた多くの事業が実施できないという状況となっておりますが、本協会では、今後、新型コロナウイルス感染症対策を講じて着実に事業を推進してまいります。

そのような中、開催延期となり今年7月に開幕を迎える「2020東京オリンピック・パラリンピック」に向けて、聖火リレーもスタートを切り、県民の皆様のスポーツへの関心が次第に高まってくるものと思います。

また、厳しい戦いを勝ち抜き出場を決めた本県選手や今後も出場に向けて挑み続ける本県選手の皆さまには、「2020東京オリンピック・パラリンピック」での活躍を期待しております。

さて、スポーツ界では、スポーツ団体におけるガバナンスやスポーツ指導者・役職員などにおけるコンプライアンスの遵守などスポーツ・インテグリティの向上を目指しておりますが、本協会でも、国が定めるスポーツ団体ガバナンスコードへの対応など健全なスポーツ界の発展に向けて力を注いでまいります。

最後になりますが、本協会としては、新潟県の体育・スポーツ団体を統轄する組織として、引き続き新潟県のスポーツの普及・振興のために、更に努力を重ねていく所存でありますので、今後とも変わらぬご支援、ご協力をお願い申し上げます。

令和3年4月1日
公益財団法人新潟県スポーツ協会
会長 馬場 潤一郎

新潟県スポーツ協会とは

新潟県体育協会は、新潟県の体育・スポーツ団体の統轄組織として大正15年(1926年)に設立され、昭和42年(1967年)には「スポーツを振興して県民体力の向上を図り、スポーツ精神を養う」ことを目的として、新潟県教育委員会から財団法人の認可を受け、スポーツに関する様々な公益事業を積極的に推進してきました。

平成24年(2012年)4月からは新潟県知事の認定を受け、『公益財団法人 新潟県体育協会』として新たにスタート、平成30年(2018年)4月1日からは「公益財団法人新潟県スポーツ協会」に名称変更し、スポーツの振興を通じて、県民の心身の健全な発展と豊かな社会生活の創造を図っています。

概要

法人名称 公益財団法人 新潟県スポーツ協会
所在地 〒950-0933
新潟県新潟市中央区清五郎67番地12 デンカビッグスワンスタジアム内
TEL:025-287-8600 / FAX:025-287-8601
創立 大正15年(1926年)7月25日
法人設立 財団法人認可:昭和42年(1967年)5月29日
公益財団法人認可:平成24年(2012年)3月21日
公益財団法人登記:平成24年(2012年)4月1日

沿革

大正15年7月25日
(1926年)
新潟県体育協会設立(新潟師範学校講堂で発会式挙行)
昭和16年4月12日
(1941年)
新潟県体育団に改称(戦時体制)
昭和18年5月27日
(1943年)
新潟県体育会に改組(体育団を解消して体育会を設立)
昭和22年3月25日
(1947年)
新潟県体育協会に改組
昭和39年4月1日
(1964年)
新潟県スポーツ少年団設立
昭和39年6月6日
(1964年)
第19回国民体育大会(新潟国体)開催/開催県として初めて天皇杯・皇后杯を獲得
昭和42年5月29日
(1967年)
財団法人新潟県体育協会誕生(法人格取得)
昭和50年7月25日
(1975年)
創立50周年
昭和57年10月20日
(1982年)
「新潟県体育協会五十年史」発行
昭和58年8月
(1983年)
第4回北信越国民体育大会開催
昭和63年8月
(1988年)
第9回北信越国民体育大会開催
平成3年7月
(1991年)
新潟県スポーツ振興基金造成(目標額5億5千万円達成)
平成5年8月
(1993年)
第14回北信越国民体育大会開催
平成10年8月28日~30日
(中心会期)
(1998年)
第19回北信越国民体育大会開催
平成14年5月23日
(2002年)
新潟県社会人スポーツ推進協議会事務局を本会に移転(業務委託)
平成14年6月11日
(2002年)
第64回国民体育大会新潟県競技力向上対策本部設立
平成14年8月1日
(2002年)
新潟県スポーツ医科学センター開設(運営業務受託)
平成15年1月6日
(2003年)
事務所を新潟スタジアム(現 デンカビッグスワンスタジアム)に移転
平成15年8月22日~24日
(中心会期)
(2003年)
第24回北信越国民体育大会開催
平成18年7月25日
(2006年)
創立80周年
平成18年7月29日
(2006年)
創立80周年記念事業(オリンピックデーラン新潟大会)開催
平成19年1月21日
(2007年)
創立80周年記念式典・祝賀会開催
平成19年4月1日
(2007年)
新潟県健康づくり・スポーツ医科学センターの指定管理者の指定(平成20年度から平成22年度)
平成19年11月
(2007年)
創立80周年記念誌「越路の大地に」発刊
平成20年3月26日~29日
(2008年)
第5回全国スポーツ少年団バレーボール交流大会開催(魚沼市他)
平成20年8月22日~24日
(中心会期)
(2008年)
第29回北信越国民体育大会開催
平成21年2月17日~20日
(2009年)
第64回国民体育大会「トキめき新潟国体」冬季大会スキー競技会開催/男女総合成績第1位獲得
平成21年9月26日~10月6日
(2009年)
第64回国民体育大会「トキめき新潟国体」本大会開催/男女総合優勝・女子総合優勝(天皇杯・皇后杯獲得)
平成22年3月31日
(2010年)
第64回国民体育大会新潟県競技力向上対策本部解散
平成23年4月1日
(2011年)
新潟県広域スポーツセンター業務受託
新潟県健康づくり・スポーツ医科学センターの指定管理者の指定(平成23年度から平成27年度)
平成23年4月~平成24年2月
(2011年~2012年)
東日本大震災『東北3県スポーツ友情募金』を実施
平成24年3月21日
(2012年)
公益財団法人として認定
平成24年4月1日
(2012年)
公益財団法人として認定(公益財団法人新潟県体育協会となる)
平成25年3月
(2013年)
「将来構想」~今後10年の展望~を策定
平成25年8月23日~25日
(中心会期)
(2013年)
第34回北信越国民体育大会開催
平成26年2月
(2014年)
ソチ冬季オリンピックで県勢初となる3名のメダリスト誕生(スポーツ栄光賞授与)
平成26年4月1日
(2014年)
新潟県スポーツ少年団創立50周年
平成26年5月10日
(2014年)
「ソチ冬季オリンピックメダリストとご両親に感謝する集い」を開催
平成26年11月15日
(2014年)
新潟県スポーツ少年団創設50周年記念式典・祝賀会を開催
平成28年4月1日
(2016年)
新潟県健康づくり・スポーツ医科学センターの指定管理者の指定(平成28年度から令和2年度)
平成28年7月25日
(2016年)
創立90周年
平成29年1月21日
(2017年)
創立90周年記念講演会(ウエイトリフティング三宅義行監督・三宅宏美選手)・祝賀会を開催
平成29年7月28日~31日
(2017年)
第55回全国スポーツ少年大会の開催(国立妙高少年自然の家)
平成30年4月1日
(2018年)
公益財団法人新潟県スポーツ協会に名称変更
平成30年8月24日~26日
(中心会期)
(2018年)
第39回北信越国民体育大会開催
令和3年4月1日
(2021年)
新潟県健康づくり・スポーツ医科学センターの指定管理者の指定(令和3年度から令和7年度)

アクセス

〒950-0933
新潟県新潟市中央区清五郎67番地12 デンカビッグスワンスタジアム内

公共交通機関を使用してのアクセス方法は、デンカビッグスワンスタジアムサイトをご確認ください。

デンカビッグスワンスタジアム

資料集

組織について

ガバナンスコードについて

規程集

業務・財務に関する資料

令和3年度(2021年度)

令和2年度(2020年度)

令和元年度(2019年度)

平成30年度(2018年度)

平成29年度(2017年度)

平成28年度(2016年度)

平成27年度(2015年度)

平成26年度(2014年度)

平成25年度(2013年度)

平成24年度(2012年度)

平成23年度(2011年度)

平成22年度(2010年度)

平成21年度(2009年度)

平成20年度(2008年度)

議事録

令和2年度(2020年度)